ベーシックコース

ベーシックコースは体質改善の為の食指導と栄養カウンセリングをする為の基礎知識を学んでいただくコースです。

体質改善=体内環境の改善。結果を出す栄養学

ホルモン免疫栄養学は従来の栄養学とは異なり体質改善を目的とした栄養学です。ベーシックコースでは、その体質改善の基礎を集中して受講していただきます。

巷では、「〇〇をすればやせる!免疫力アップ!体温があがる!」などと様々な健康にまつわる商品が出回っていますが、体質を考慮せずに実行したところでなかなか結果がついてきません。効果を実感できる人、そうでない人が必ず出てきます。「体内環境」が悪い人が体に良いことをしても限界がありますし、的外れなことをしても仕方ありません。

また、様々な手技や施術により、体のケアを生業とされている方も多数おられますが、これも同様です。体は栄養で構成されているのに、栄養を無視して治療にあたっても、一定の効果を上げることはできますが必ず限界があります。

体質改善をするためにはまず、「体内環境」の改善をしなくてはいけません。健康作りには順番があります。人間の体は食べ物によって構成されています。学問として体質改善の基礎を学ぶことは、全ての健康産業従事者にとってベースとなることでしょう。

1.低血糖症と食事

食生活改善のノウハウ

低血糖というと糖尿病を連想される方もおられると思いますが、糖尿病の勉強ではありません。多くの現代人が抱えているちょっとした不調(例えば、頭痛、肩こり、手足の冷えや痺れ、睡眠不足、動悸、めまい、イライラなど)に関係しており、食事のとり方や糖質の摂り方で解消する問題も多々あります。

人間の体は多くの栄養素で成り立っていますが、その栄養素いわばカラダの材料は食事からしか取ることが出来ません。ということは、普段どのようなものを食べているのかによって、体の質も変化します。

どのような食事を普段されているのか、どのような体質傾向にあるのか、同じ悩みでも人が変われば原因は様々ですが、現代人特有のパターンがあります。そこでまず、はじめに体質改善の基礎となる低血糖について学ばなくてはいけません。

低血糖とはどういった状態であるか、低血糖と糖質摂取・食生活の関係や、具体的にどういった食事を取るべきなのかなどを学習し、独自の食事チェックによる食事の点数化、カウンセリング、食事指導が出来るよう学んでいきます。

体質改善の基礎は食生活の改善です。

2.隠れ貧血

検査で異常がない、自覚症状がない隠れ貧血

貧血=女性が多いというイメージはありますが、自分が貧血であることを自覚する女性はごく少数です。医療機関で貧血といわれないから、めまいや立ちくらみ朝起きられないなどの自覚症状がないから自分は貧血ではないと思っておられる方が多数みうけられます。

「隠れ貧血」などといわれることもありますが、自覚症状がない、医療機関の検査では異常がないが潜在的に貧血を抱えている方はとても多く、またそれが自身のちょっとした不調や美容面に大きく影響を与えているとはなかなか気付くことが出来ません。貧血に関わる栄養素としては鉄分がありますが、他にも関係する栄養素はたくさんあります。

血液の循環が大切だということは誰もが知るところですが、貧血の重要性はあまり知られていません。実は日本は先進国で最も貧血の方が多い国といわれています。貧血対策は、体質改善を行っていく上でとても優先順位の高いカテゴリーで、最初に食生活の改善を行い、同時に貧血を改善していかなくてはいけません。

貧血講習は女性向けの健康サービスをされている方は必須項目です。隠れ貧血の見分け方や貧血が体質改善を大きく阻害する理由、隠れ貧血が及ぼす美容面への悪影響、体内での鉄の利用・働き、鉄と美容の関係、その他の貧血に関係する栄養の働きなどを学習していきます。

3.アレルギー体質とエイコサノイド

アレルギー体質の作り方

近年、何かしらのアレルギー体質の方が急増しています。年々増加し続け、アレルギー体質でない方がどんどん減ってきています。アレルギーと言えば、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症といった病気から、食物アレルギーや肌荒れ、かゆみのような身近なものまでたくさんあります。

アレルギーの症状が出ないことはアレルギー体質の方にとっては嬉しいことではありますが、目指すべきはアレルゲンに反応がしにくい体になるというところではないでしょうか。そのためには、アレルギー(炎症)が起こるときにカラダの中ではどういったものが反応しているのか、何が起きているのか。炎症を助長するような食べ物はどういったものなのかを理解していく必要があります。食物アレルギーでもわかるように食生活と密接な関係を持っています。

アレルギーがなぜ起こるのか、痒みや痛み、炎症の起こる仕組み、またそれらが起きた時カラダの中では何が出来ているのか、食べるべきではない食材など、アレルギーを食の面から学習していきます。アレルギー体質の作り方がわかれば、その逆のことをすれば良いわけです。

4.甲状腺と成長ホルモン

代謝を調節している内臓を知る

甲状腺というと耳慣れない名前ですが、この臓器はカラダの代謝機能にかかわる重要な臓器です。食べたものが身になり、エネルギーを作り出すためにはしっかりとした基礎代謝が必要になります。代謝機能を働かせるためには甲状腺が正常どおりしっかり機能していることが重要です。太りやすい、若いときに比べ太ってきた、また、お肌のトラブル、倦怠感などの悩みを持つ方の中には甲状腺の機能がかかわっている場合が少なくありません。

血液検査などで異常が出るような場合、病院から病名を診断されることになりますが、基準値の範囲内であれば医師も細かく言及することはありません。病院で検査をしても治療に入るレベルではない、しかし体調不良や体重増加などの異変が起こっている人に対して、ほんのわずかな機能低下が起こっていることを確認する方法やどのような食事、栄養を摂るべきか、サプリメントを使用する場合の注意点など注意するべきところがたくさんあります。

また、代謝にかかわる代表的なホルモンとして成長ホルモンがありますが、この成長ホルモンと甲状腺には深い関係が有り、成長ホルモンの分泌される仕組みを知ることで、いかにして代謝を上げるか、アンチエイジングできるかを学んでいきます。

5.解毒

目に見えない老廃物を排泄する

現代社会において体内に有害物に汚染されていない人は一人もいません。少し昔の話であれば、四大公害に代表されるような、水銀・カドミウムなどが浮かぶ方もいるかもしれません。現代生活においては大気中、食事、たばこ等様々なところから体内に多種多様の有害物が侵入します。

有害物質は、神経毒や皮膚毒性、代謝を妨げるなど様々な毒性が疑われていますが、人体は本来解毒作用を持っていて、カラダに有害なものは体外へ排泄することが出来ます。しかし、現代的な食生活で偏った栄養状態では、大切な解毒作用も機能してくれなくなります。

解毒作用を正しく働かせるためには、どのような栄養状態の時に有害物質の侵入が増えるのか、また有害物質を排泄するときに働く栄養を知ることが必要です。この項では、カラダの中で有害物を排泄する仕組みやそれが機能する為に必要な栄養などを学習していきます。

6.酵素

酵素は近年良く耳にすると思いますが、酵素の働きをきちんと知っている方がどれほどおられるでしょうか?酵素ドリンクや酵素サプリメント、酵素ジュースなど様々な商品が存在しますし、「痩せる」「代謝が良くなる」など様々な効果が謳われていますが本当のところはどうなのでしょうか?販売しているけどよくわからない、うまく説明できないという方もおられます。

酵素は非常に重要な働きをしています。生命維持に欠かせない酵素は、もちろん美容や健康に大きく関わっています。現代人は酵素を浪費しやすい生活ばかりしています。すると、酵素不足に陥り、どんどん老化してしまい、太ったり、お肌が荒れたり、体調不良につながってしまいます。酵素というとらえにくいものは学問として特徴や働きを学ばなければいけません。

酵素とは何か、どんな働きか、など改めて詳しく学習します。

ホルモン免疫栄養学会
学会事務局

〒612-0049 京都市伏見区深草中ノ島町4-20 中ノ島ビル2F

Tel.075-644-9369 / Fax.075-320-1392